新生酪農交流会報告

一関準備支部では、9月31日(金)13時から15時まで新生酪農の鈴木さんを招いて交流会が開催されました。

組合員35人子供8人。ゲスト1人。の参加でした。

≪牛乳の「熱変性度テスト」≫や≪牛乳の「レンネットテスト≫ の実験を行い、市販品との大きな違いをみなさん実感することが出来ました。

 

参加者のアンケート結果です。

◎日常的に牛乳を飲用している家庭【特に子供のいる家庭】には、栄養面、生産者の顔が見える安心感、管理された生産工程、放射能検査、価格、すべての面で日本で一番おすすめ出来る牛乳だと思います。他にも、パスチャライズド牛乳を知っているが、生活クラブのものより値段が高く、日常的に飲用に飲用するには無理だし、安心感も低い。

 

◎市販の牛乳には、抗生物質や成長ホルモンを与えられていると思っていたが、実際はほとんど与えられていない、与えている間の生乳は出荷できない事を知り、驚きました。殺菌の温度で栄養面が全く違う事を知り、改めてパスギャライズド牛乳の素晴らしさがわかりました。

 

◎酪農の方々とつがなっていることが解り、とてもうれしく思います。顔が見えること、頑張っている姿を感じられて消費を増やしたいと強く感じました。業界の、もうけ主義はうんざりです、消費者は賢くならないといけません。自分たちの身に必ず跳ね返ってくると思います。第一次産業を守らねば。

 

◎今牛乳を飲む量が減ってきているように思うが、老化防止のためにもしっかり飲もうとおもいました。

 

今、注目されている放射能問題。毎日放射能検査をしていて、安全な牛乳です。と生産者から直接聞き、みなさん安心したようでした。日々の、生産者の努力を知ることができました。

牛乳利用アップ!!に繋がるように呼びかけます!!

 

一関準備支部 木村照子

  • カンブリア宮殿放送
  • しーちゃん
生活クラブ岩手のFacebook
  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • 食の安全
  • 放射能対策
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る