和高スパイス学習会開催しました。(報告)

〜スパイスのいい香りに包まれて〜

 11月23日北上市さくらホールにて約20名の参加で、和高スパイスの山田さんをお呼びして、学習会を開催しました。

 最初に、ターメリックライスを炊飯器に仕掛けるところからスタート。レシピではお米を炒めるのですが、今回は炒めずに材料を炊飯器に投入して少し少なめの水加減で炊飯しました。次にカレースパイスセットを使ってのカレー作り。最初に油、バター、ローレルとクミンシードを鍋に入れてから火をつけて炒めはじめるというのも始めて知りました。クミンシードの香りでお店で食べるような本格的なカレーの予感!炒め玉ねぎ、炒めた肉、トマトピューレ、スープを入れて約1時間煮込みました。

 その間にスパイスについてのお話をして頂きました。和高スパイスでは、水蒸気を使った安全な殺菌方法で殺菌処理を行なっていますが、市販品はほとんど殺菌処理はされておらず国の基準もないというのには驚きでした。少量だから問題ないとの考えのようですが、口に入るものなのにそれでいいの?という感じです。

もう一つとても気になるところは、放射線照射の問題です。じゃがいもの芽止めに放射線が使われているのは聞いたことがあったので、スパイスにも、、、と思っていましたが、現在日本ではじゃがいも以外には放射線の照射は認められていません。しかし、日本でも照射の許可申請が出されていて予断を許さないところです。またスパイス原料はほとんどが輸入品。海外では50ヶ国以上でスパイスへの放射線照射が認められているので、市販品では誤って輸入されたり、海外で加工されたものに使われていても分からず、口にしている可能性もあり、やはり素性のはっきりしたものを利用しようと思いました。

最後に、原料の国産化にも取組み、国産のからしや唐辛子・バジルを農家とともに開発しているけれど、全体での供給量が少なくせっかくやる気を出して作ってくれる農家が作り続けられないという、耳の痛い話しもありました。

 というお話を聞いているうちに、カレーも出来上がり早速試食を!あまりのおいしさにお代わりする人が続出でした。スパイス&ガーリックソルトを使ったチキンのオーブン焼きや、マスタードを使ったソースやピカタなどを試食し、マサラを使ったチャイを試飲して、目からウロコのお話とおなかも大満足の学習会となりました。

 今来ている51週の注文書では、スパイス&ガーリックソルトやマスタードがのっているので、これとはりまの丸鶏でおいしいクリスマスを、52週の注文書にはお刺身に書かせない冷凍おろしわさびがのっているので忘れずに注文しようと思ったところです。

(報告 理事 工藤朋子)

  • カンブリア宮殿放送
  • しーちゃん
生活クラブ岩手のFacebook
  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • 食の安全
  • 放射能対策
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る