なのはなソーラー見学会

 

環境委員会

なのはなソーラー&小水力発電所見学会

 

 10/26一関市の市民発電所を訪ね、ソーラー発電の見学会を行いました!

 

かなり充実した一日になりました。

太陽光発電も水力発電も自然の力を使っているので、

とても気持ちいいな~と思いました。

特に、水力は、驚きでした。

帰ってから、家族や友達に話しました。

子供に話したら、「原発いらないね」と言っていました。

ランチをしたところも良かったし、いろんな可能性が見えてきました。

(一関支部・山川真理子)

 

 

なのはなソーラーは市民の有志が知恵とお金と技術を少しづつ出し合って、

野田村のだらすこ発電所の教えを受けながら自前で建設した発電所です。

  

 

 

パネル48枚約200万の費用で作られたのことです。

 

配線盤は家庭用を利用し、非常時にはコンセントで電源を得られるとのこと素晴らしいです。

 

 

 

その後、古民家を利用したカフェでお昼を食べ

 

 

 

 

 

照井土地改良地区(水土里ネットてるい)へ移動

 

小水力発電所見学に行きました。

850年前、藤原秀衡公の時代に造られた水路での発電!ロマンを感じます。

日本初の超低落差(2m以下)+少水量での発電。  ドイツ製の開放型らせん水車。

 

 

 

 

 

原子力から、自然エネルギーへの転換は、今こそ実施していくべきです。

 

まずは無駄遣いをやめること、

エコライフキャンペーンもあります。

積極的に参加して、毎日の暮らしに活かしていきたいものです。

  • カンブリア宮殿放送
  • しーちゃん
生活クラブ岩手のFacebook
  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • 食の安全
  • 放射能対策
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る