第10回重茂味まつり 無事終了

  

第10回記念重茂「味まつり」&

震災復興!漁船海難遺児チャリティー漁港コンサート

 

今年も重茂味まつりが8月7日(日)に開催され、朝早くから海産物を求める大勢のお客さんで賑わいました。生活クラブも岩手の組合員と家族、他単協(神奈川・埼玉・山梨・エスコープ大阪)の組合員、好きです東北、連合会、親生会(首都圏親生会)のメンバー総勢90名で参加し、「重茂の味まつり10周年」を盛り上げました。


参加者は模擬店(いわての店)、重茂食堂、加工品販売、子どもコーナーなど各ブースの手伝いや第2与奈丸クルーズ、焼きウニ体験、中学生のトド埼太鼓演奏、漁港コンサートなど楽しい1日を過ごしました。

   

 前日の交流会には漁協職員・漁協青年部のメンバーが20人以上来てくれました。生活クラブ関連はもちろん、重茂漁協の職員や漁協青年部の人たちと年々親密度を増して来ていることを実感しました。漁協青年部のメンバーは「肉類が美味しい」「生活クラブの肉・ウインナーは最高」との声。 毎年、参加人数も開始・終了時間も定まらない中での準備はとても難しいのですが、私たち主催側も慣れて、臨機応変に笑顔で対応できるようになってきました。今年も無着色の福神漬けが「ナニコレ?」と話題になり、消費材や食に関心を持ってもらえるのはうれしいことです。

漁協からの差し入れ ウニ食べ放題

 

 

 

 

 

 

●生活クラブカフェ  

 

岩手+埼玉+大阪イカぽっぽ焼き テキ屋さんじゃないよ

岩手は模擬店「生活クラブカフェ」を出店しました。豚丼150食・いなり寿司700個。そして前日に仕込んだいか400パイを親生会と山梨・エスコープ大阪のメンバーにも手伝っていただいて焼いて販売。皆さん手際よくプロ並みの腕前で助けていただきました。猛暑のためジュース類も品切れ状態へ。持ち込んだ氷36㎏も直ぐに使い切ってしまいました。 

クイズ 誰でしょう?

●重茂食堂

毎年「ウニ・アワビの重茂定食」を待って長蛇の列ができるのを解消するために、女性部と全く同じ店舗を生活クラブが担当して3年目。毎年参加してくれる組合員の手際の良さに助けられて、あまりお客様を待たせずにお出しすることができるようになりました。昨年からボランティアとして手伝ってくれるようになった青山学院短大の学生さんたちも大きな戦力になりました。

年々要領が良くなっているので来年は完璧にできるかな?課題は常連の組合員が交替なしで動いてくれ、祭りを楽しむ余裕がないこと。来年は組合員がもっと参加してくれることを期待します。

重茂中 トド埼太鼓

                                                                 まだまだ続報あります

 

 

 

 

  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
生活クラブ岩手のFacebook
  • ハグくみ
  • 食の安全
  • サステイナブルな暮らし
  • 放射能対策
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る